都内の小学校は3学期 警視庁が通学路での取り締まりを強化

 東京都内は多くの小学校で3学期が始まりました。警視庁は通学路の取り締まりの強化を行いました。



 冬休み明けの始業式となった1月11日、東京・新宿区の小学校の通学路では横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるのにもかかわらず一時停止を怠ったドライバーの取り締まりが行われました。警視庁によりますとおよそ30分の間に7件の摘発があったということです。また、警察官ら20人が子どもたちに対して横断歩道を渡る際は左右を確認し、手を挙げて渡るよう指導しました。

 警視庁によりますと、2021年に都内の横断歩道で起きた事故で亡くなった人は133人いて、そのうちおよそ半数が歩行者だったことから、ドライバーと歩行者それぞれに安全確認を徹底するよう呼び掛けています。 東京都内は多くの小学校で3学期が始まりました。警視庁は通学路の取り締まりの強化を行いました。

関連記事(外部サイト)