東京五輪選手村に食材供給 農協などに感謝状を贈呈

 東京オリンピック・パラリンピックで選手村に食材を供給した農協などに、東京都から感謝状が贈られました。



 東京都は「東京2020大会」の期間中、選手村に食材を供給した農協などに感謝状を贈呈しました。式典はリモートで行われ、東京都の小池知事は「東京産食材の魅力発信や農業人材の育成といった素晴らしい取り組みは大きなレガシーとして脈々と引き継がれていくことでありましょう」とたたえました。これに対し、東京むさし農業協同組合の小林俊之代表理事組合長は「食材供給という形で大会に貢献するべく、生産者と共に力を尽くしてきた。今後も都民の期待に応えられるよう、持続可能な東京農業と豊かで暮らしやすい地域社会の実現に向け取り組んでいく」と語りました。このほか、感謝状は農業について学んでいる都立高校などにも贈られました。

関連記事(外部サイト)