デフリンピック東京招致に向け、イベント開催

 4年に1度行われる聴覚障害者による国際的なスポーツ大会「デフリンピック」の東京招致を目指す動きが活発化しています。



 東京都の港区福祉体育館で2月26日と27日の2日間にわたり開催しているのは、3月3日の「耳の日」を前に行われる聴覚障害者のイベント「耳の日記念文化祭」。

 メイン企画は「デフリンピック」をテーマにしたトークショーの上映会です。

 コロナ禍での開催となる今回は、団体の代表やデフリンピックメダリストなどが手話で行ったトークショーの映像を同時通訳する形で来場者に向けて上映しました。

 デフリンピックは聴覚障害者の為の国際的なスポーツ大会で、2025年大会の東京招致に向けて都の聴覚障害者団体が大会の周知活動に力を入れています。

関連記事(外部サイト)