ホテル椿山荘東京 春だけの“絶景コラボ”

 今年で開業70年を迎える“東京のオアシス”では、この季節ならではの風流風雅な光景が広がっています。



 都会の騒がしさを忘れさせてくれる緑豊かな庭園を持つ東京・文京区のホテル椿山荘東京では「奇跡の絶景」とも称される"雲海”が楽しめます。この時季・この場所でしか見ることができないのが、日本の春の象徴・桜とのコラボレーションです。まさに海のように広がる"白い雲”と淡いピンクの花びらが織り成す神秘的な風景が広がり、その眺めは客室からも楽しめます。訪れた人からは「コロナ禍で外に出る機会がなかなかなかったので、晴れやかな日に桜を見ることができてすごくうれしかった」「桜がちょうど雲海に消えるところがすごく素晴らしい」といった声も聞かれました。

 夜のとばりが下りるとライトアップされ、昼間とはまた違った魅力を感じることができます。ホテル椿山荘東京では庭園内で最後に見頃を迎えるシダレザクラも間もなく満開となり、4月上旬まで桜と雲海の共演を楽しむことができるということです。

関連記事(外部サイト)