東京・豊洲の観光拠点「千客万来施設」 2023年度冬に開業延期へ

 東京・豊洲市場にできる「にぎわい創出施設」の開業時期が先延ばしになることが分かりました。



 東京・江東区にある豊洲市場の観光拠点「千客万来施設」はこれまで2023年度春の開業を予定していましたが、2023年度の冬に開業を延期する見通しとなったことを4月1日、東京都が明らかにしました。東京都によりますと、事業者の万葉倶楽部が資金調達に時間を要したことや、新型コロナの影響から事業を再検討したことが遅れた理由だということです。

 東京都は事業者に対し、施設の商業棟と宿泊棟のうち、商業棟の一部を先行して開業できないか求めています。

関連記事(外部サイト)