ガストーチの事故が増加 海外製の粗悪品も…

 ゴールデンウイークが始まりますが、アウトドアなどで使われるガストーチの使い方には注意が必要です。



 NITE=製品評価技術基盤機構は、漏れたガスにガストーチの炎が引火した時の様子を再現した映像を公開しました。一瞬で手元まで広がる炎は、水を掛けてもなかなか消えません。

 NITEによりますとガストーチの事故は2020年度以降、増加しているということです。中には海外から輸入された粗悪な造りの製品もあり、正しく使用していてもガス漏れが生じる可能性があるとして、購入時に製造業者や販売業者の確認を推奨しています。また、使う前に製品に異常がないか確認することや、使用中に燃料が漏れるのを防ぐため、45度以上傾けないよう注意を呼びかけています。

関連記事(外部サイト)