目白庭園にカルガモのひな 愛くるしい姿で来園者を魅了

 東京・豊島区にある目白庭園でカルガモのひなが生まれ、すくすくと育っています。



 ひなは4月23日に生まれました。現在は7羽のひなが庭園の池を元気いっぱいに泳ぎ回る様子を見ることができます。目白庭園によりますとカルガモのひなは今後3カ月ほどして飛べるようになると、それぞれ庭園を巣立っていくということです。目白庭園の片平宏一園長は「成長が早いので、もう1カ月ぐらいたつとカルガモっぽくなる。日ごとに成長していくのを見て、温かく見守っていただければ」と話しています。

関連記事(外部サイト)