一日“マッチョ”警察署長が体を張って詐欺根絶を呼びかけ 東京・豊島区

 特殊詐欺の撲滅に、ボディービルダーがひと肌脱ぎました。東京・豊島区でオレオレ詐欺などの特殊詐欺を防ぐイベントが開かれました。



 JR大塚駅前で5月10日に行われたイベントには、豊島区の高野之夫区長のほか、警視庁巣鴨署の一日警察署長をこの日務めたボディービルダーの横川尚隆さんらが参加しました。制服を脱いで自慢の筋肉を披露した横川さんは、詐欺被害を防ぐために"家族で合言葉を決める”ことの大切さを訴えました。横川さんは「僕も小学生の時、家族で合言葉を決めていました」とした上で「僕の場合、計算問題を出された。正しく答えられたら『本人じゃない』って言われた」と笑わせました。

 警視庁は電話をかけながらATM=現金自動預払機を操作する高齢者を見かけたら、直接声をかけるか、110番通報をしてほしいと呼びかけています。

関連記事(外部サイト)