東京あきる野市で40年ぶりにタイムカプセル開封!中には…

 東京あきる野市で1982年に埋められたタイムカプセルが、40年の時を経て5月14日、開封されました!



 1982年(昭和57年)といえば、500円玉硬貨が発行されテレホンカードが登場した年です。

 タイムカプセルは、あきる野市がまだ合併前で秋川市だった当時に、市政10周年の記念事業として埋められたもので、5月14日、40年ぶりに掘り出す作業が行われました。

 小雨が降る中、市の職員たちが泥だらけになって掘り続けること、約1時間…。銀色の樹脂に覆われた、直径50センチほどの円盤状のタイムカプセルが姿を現しました!

 中には当時小学4年生だった市民が書いた作文などが、40年経った現在でも、きれいな状態で入っていました。

 昭和時代に埋められ、令和の今、掘り出された作文には、こんな願いが書かれていました。『震災や戦争が起きませんように』

関連記事(外部サイト)