都心で初の猛暑日 体温を超える暑さ

 6月25日の都心は35度以上となる2022年初めての猛暑日となりました。



 朝から強い日差しが照りつけた25日の都内は、午前中から30度を超える厳しい暑さとなりました。

 午後になるとさらに気温が上昇。青梅で38.3度。八王子で38.1度。練馬で36.8度。西多摩郡奥多摩町の小河内で35.3度と、6月の観測史上最も高い気温となりました。

 また都心部でも最高気温が35.4度に達し、2022年初の猛暑日となりました。統計を取り始めてから最も早いということです。

 25日は関東を中心に高気圧に覆われて晴れ間が広がり、群馬県伊勢崎市で、40.2度を観測。観測史上、6月の全国最高気温となるなど、全国64の地点で猛暑日となりました。

 東京消防庁によりますと、午後3時時点で62人が熱中症の疑いで搬送されたということです。

関連記事(外部サイト)