東京都が新しいファッションコンクール開催を発表

 東京都の小池知事は7月15日、新たなファッションコンクールの開催を発表し、新たな切り口で若手のデザイナーの発掘に取り組むと明らかにしました。



 発表されたコンクールは東京から若手デザイナーを生み出し、育てようと開かれるもので、都内に在住もしくは在学する学生が対象です。

 どんなデザインのものでもいいフリー部門と障がいがある人にとって着心地の良いものを募集するインクルーシブデザイン部門の2つが設けられます。

 今後、インクルーシブデザイン部門では、障がいのある人から意見や助言を受けられるワークショップも開催する予定です。

 応募は9月末まで受け付けるということです。

関連記事(外部サイト)