月曜なのに新規感染者が2万人超 特別区長会が東京都にコロナ対策の要望書

 東京都内で7月25日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は2万2387人でした。感染拡大が止まらない中、東京23区の区長でつくる「特別区長会」が東京都に対し、中小企業への支援などをまとめた「コロナ対策の要望書」を提出しました。



 都内ではこの日、新型コロナの感染者が新たに2万2387人確認され、月曜日として過去最多人数を更新しました。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は2万5927人で、前の週と比べおよそ1.6倍になりました。

 感染者数が比較的少なく出る「月曜日」でも感染者が2万人を超えるという状況に、都内23区の区長で構成する特別区長会は東京都に対し、新型コロナ対策に向けて要望書を提出しました。要望書では中小企業への新たな支援制度の創設や労働者に対する収入の確保、医療機関が安定的に医療を継続できるように国へ働きかけを行うことなどが盛り込まれています。

関連記事(外部サイト)