路線バス運転手にレーザー光を照射 逮捕の無職男「腹が立った」

路線バス運転手にレーザー光を照射 逮捕の無職男「腹が立った」

バス運転手に男がレーザー光

路線バス運転手にレーザー光を照射 逮捕の無職男「腹が立った」

路線バス運転手にレーザー光を照射 逮捕の無職男「腹が立った」の画像

 東京・目黒区で、路線バスの運転手にレーザーポインターの光を当てて業務を妨害したなどとして、東京・港区の38歳の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、港区の無職・浅川善紀容疑者(38)です。浅川容疑者は2018年7月、目黒区の権之助坂バス停で、止まっていた東急バスの30代の運転手の顔にレーザーポインターの光を当て、業務を妨害した疑いが持たれています。運転手にけがはありませんでしたが、目に違和感が出て、その後の運転を別の運転手に代わったということです。

 警視庁によりますと、防犯カメラの画像や目撃情報から浅川容疑者が浮上したということです。調べに対し、浅川容疑者は「車を運転中、バスが前に割り込んできて腹が立った」と話し、容疑を認めているということです。