東京スカイツリーの商業施設で 親子で満喫!夏祭り縁日イベント

 東京都心は猛暑日で8月のスタートを迎えました。東京スカイツリーにある商業施設では、夏祭りをテーマにしたイベントが始まり、子どもたちが昔ながらの縁日を楽しみました。



 8月1日、東京都内は都心で35.9℃、練馬で37.0℃、青梅で36.7℃の最高気温を観測し、各地で猛暑日となりました。この暑さの中、墨田区では東京スカイツリーを眺めながら祭りの雰囲気を楽しめるイベントが始まりました。会場には暑い日にぴったりの色鮮やかなかき氷の販売や、昔ながらのヨーヨー釣り、スーパーボールすくいなど15の屋台が出店し、縁日の雰囲気を満喫できます。コロナ禍で祭りの中止が続いてきた中、会場には多くの親子連れが訪れ、イベントを楽しむ子どもたちの姿が見られました。訪れた人たちからは「楽しみがなくなってしまうのは寂しいので、こういう風物詩のようなイベントがあると助かる」「いろいろ制限される中で、かわいそうなこともある。少しずつ夏祭りなどが増えていったらいいと思う」といった声も聞かれました。

 お祭りムードいっぱいのイベントは8月3日まで開催されます。

関連記事(外部サイト)