未来のエネルギー「水素」の体験学習イベントが開催

 水素エネルギーの普及を目的に作られた、江東区にある水素の博物館「東京スイソミル」。夏休み中の子どもたちに向けた体験イベントが行われています。



 水素と酸素の化学反応でできた電気で走る「燃料電池自動車」の試乗会や燃料電池がどのような仕組みで電気を生み出すかを学ぶことができるワークショップなど子どもたちは体験しながら水素について学んでいました。中が見える実物大の燃料電池自動車も展示されているこのイベントは、8月21日午後5時まで開催しています。

関連記事(外部サイト)