客や従業員からの声に応え“女性目線の防災バッグ”開発

 9月1日の「防災の日」を前に、大手総合スーパーのイオンが防災グッズの販売を強化しています。今回、化粧水や生理用品など女性目線で開発された防災バッグが初めて登場しました。



 イオンが8月1日に発売した商品は、その名も「女性にやさしい防災バッグ」です。背負ってみると重さは1.2キロで非常に軽く、大きさもコンパクトです。中には避難時に必要なグッズに加え、防災バッグでは珍しい化粧水や生理用品、ヘアゴムなど7点も入っています。開発の経緯について担当者は「従業員や顧客から『女性用の防災用品ありますか』という声が非常に多く聞かれた。今回女性向けの防災バッグを開発し販売した」(イオンリテール・古橋みとりさん)と話します。

 他にも、女性の不安に寄り添う商品として今回バージョンアップしたのが「吸水サニタリーショーツ」です。過去最大の吸水量となるこの商品は、避難した時など生理用ナプキンを小まめに取り換えられない場合に安心なアイテムです。

 担当者によりますと、近年相次ぐ自然災害や避難所での新型コロナ感染の不安などから、防災用品の売り上げは2倍になっているということです。イオンでは「災害時の緊急トイレ」や外出先に置ける「置き防災バッグ」など、今後も防災グッズに力を入れていくということです。

関連記事(外部サイト)