東京家裁で女性刺され死亡 離婚調停中の米国籍夫を逮捕

東京家裁で女性刺され死亡 離婚調停中の米国籍夫を逮捕

東京家裁で女性刺され死亡 離婚調停中の米国籍夫を逮捕の画像

 東京・霞が関にある東京家庭裁判所で女性が刃物で刺され、死亡しました。警視庁は現場から逃走した男を現行犯逮捕しました。

 3月20日午後3時20分ごろ、東京家庭裁判所で「女性が刺された」と通報がありました。捜査関係者によりますと、裁判所1階の玄関付近で埼玉県所沢市のウィルソン香子さん(31)が首を切られ、搬送先の病院で死亡しました。警視庁は女性を刺したとみられるアメリカ国籍の32歳の男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。女性と男は夫婦で、離婚調停のために裁判所を訪れていたということです。

 男は女性を刺した後、逃げ込んだ現場近くの日比谷公園周辺は一時、物々しい雰囲気に包まれました。

 通り掛かった人が男の身柄が確保される様子を撮影していました。目撃者は「男は慌てていた。そこで警備員に捕まっていた。(取り押さえられたが)振りほどいて逃げようとしていた」と証言しました。

 身柄を確保した時、男はバタフライナイフなどの刃物を3本持っていて、逃走しながら他にも刃物を捨てていたとみられています。また、男は自分の両手首を刺していて、病院で手当てを受けているということです。