イベント会社が無断で婚活企画 “会場”の漫画施設「あまりに乱暴」

イベント会社が無断で婚活企画 “会場”の漫画施設「あまりに乱暴」

イベント会社が無断で婚活企画 “会場”の漫画施設「あまりに乱暴」の画像

 東京・立川市が運営する漫画を集めた施設「立川まんがぱーく」で、都内のイベント会社が施設側の許可を得ずに「婚活イベント」を開催しようとしていたことが分かりました。

 立川まんがぱーくは、多くの漫画の舞台になった立川市を「マンガの街」として盛り上げようと、2013年に市役所の旧庁舎跡地にオープンしました。大人400円、子ども200円でおよそ4万冊の漫画を読むことができ、市が選んだ指定管理業者が運営しています。

 先日、この施設を会場とした婚活イベントの募集が施設側に無断で進められていたことが発覚しました。きっかけは、SNS上に「まんがぱーく入場料400円なのに街コンだとひとり5000円も取るのうける」という投稿を施設の担当者が発見し、不審に思って調べたところ、都内のイベント会社が無断で企画し、参加者を募っていたのです。婚活サイトでは男性5000円、女性1800円で「立川まんがぱーくで本を読みながらまったりと交流を図っていただく企画です」と参加者を募っていました。

 まんがぱーくによりますと、施設を営利目的で使用する場合、事前の相談が必要ですが、イベント会社からは一切連絡がありませんでした。施設の担当者がイベント会社に問い合わせたところ、「こうした婚活、交流イベントを開催場所に許可を得ることなく開催する例は少なくないため、ダメ元で企画した」と回答されたということです。これについて、まんがぱーくはホームページで「あまりにも乱暴な話だと遺憾に思います」とコメントしています。

 まんがぱーくからの問い合わせの後、イベントの参加者募集ページは削除されました。この会社はTOKYO MXの取材に対し「担当者が申請を怠った。ミスだったと非常に反省している。施設には誠心誠意、謝罪をしたいと考えている」と話しています。一方の立川市は「婚活イベント自体は悪いものではなく、手続きの順序を踏まえてほしい」としています。

 立川まんがぱーくはイベント自体は禁止しておらず、企画があれば専用フォームから送るよう呼び掛けています。