新元号に期待の声 人気ゲーム「令和版」の発表も

新元号に期待の声 人気ゲーム「令和版」の発表も

新元号に期待の声 人気ゲーム「令和版」の発表もの画像

 新元号「令和」の発表を受け、東京都内でもさまざまな動きがみられました。

 午前11時半すぎ、渋谷のスクランブル交差点には多くの人が詰め掛け“その瞬間”を待ち待ちわびる姿がありました。また、江戸川区の商業施設・イオン葛西店には100人近くが集まり、新元号発表のパブリックビューイングが開かれました。「令和」の名前が発表されると、店内には早速、新元号を知らせるチラシが配られました。

 歓喜に包まれる中、混乱も見られました。新橋駅前では「新元号発表」を知らせる新聞の号外をもらおうと殺到する人たちの混雑で、けが人が出る恐れがあり、注意を呼び掛ける大声が飛び交う事態となりました。号外を手に入れようとする人たちの取り合いで一時騒然となり、受け取った号外はしわくちゃの状態となりました。

 また、武蔵野市の書道教室では、新しい元号の書き初めが行われ、落ち着いて書道に打ち込む人たちの姿がありました。書道教室の生徒たちは次の元号に向けて決意を新たにするように、一筆一筆、丁寧な筆さばきで書き進めました。

 新しい元号「令和」が発表になったこの日に新たな門出を迎えた早稲田大学の入学式では、平成最後となる新入生が晴れやかな笑顔で式典に臨みました。

 一方、東京都内にある企業でも朝から対応に追われました。おもちゃメーカー大手のタカラトミーは、人気ボードゲーム「人生ゲーム」の新元号を商品名に入れた新作を、元号発表の当日にお披露目する計画を進めていました。果たして間に合ったのでしょうか。動画でご覧ください。