大会成功へ 足立区民が「五輪音頭」

大会成功へ 足立区民が「五輪音頭」

大会成功へ 足立区民が「五輪音頭」の画像

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けて住民らが満開の桜の中「東京五輪音頭」を踊るというイベントが東京・足立区で行われました。

 桜並木が有名な葛西用水さくら通りで行われたこのイベントは東京2020大会の成功と機運を高めようと今年から開かれました。大会の委員長は「来年開かれる東京オリンピック・パラリンピックの成功を記念し地域全体で応援して盛り上げることで始めた行事」と話しました。桜が咲き誇る中、区民らおよそ200人は、全長2キロの道のりを大会組織委員会が推進している「東京五輪音頭2020」を踊りながら練り歩きました。

 参加者たちは「楽しい。ものすごく楽しい。踊っているときにみんながいいねって言ってくれるから嬉しかった」「見る方もたくさんいて桜も散っていてすばらしいと思いました」「気持ちよかった。きょうは雨も降らずに桜が散っていなかった。だから気持ちよく踊れた」と話しました。

 主催者の地元自治会はこのイベントを来年以降も続けていきたいと話しています。