女子中学生買春疑い 日本航空部長、容疑認める

女子中学生買春疑い 日本航空部長、容疑認める

女子中学生買春疑い 日本航空部長、容疑認めるの画像

 東京・台東区のホテルで女子中学生に現金を渡してみだらな行為をした疑いで逮捕された日本航空の部長が「18歳未満だと思った」と容疑を認める供述をしていることが分かりました。

 児童買春の疑いで送検されたのは、東京・八王子市に住む日本航空・オペレーションコントロール部の部長・横関龍哉容疑者(57)です。

 横関容疑者は2018年9月、台東区のホテルで、当時中学生だった少女に現金3万円を渡し、みだらな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、2人はツイッターを通じて知り合ったということで、援助交際を募る少女の書き込みを警察が見つけたことから、横関容疑者との関係が明らかになりました。

 逮捕当時、横関容疑者は「性行為はしたが年齢は分からなかった」と容疑を否認していましたが、その後「18歳未満だと思ったがやってしまった」と、容疑を認める供述をしているということです。