東京五輪・アーチェリーの予選会場が完成

東京五輪・アーチェリーの予選会場が完成

東京五輪・アーチェリーの予選会場が完成の画像

 東京都が建設を進めてきた東京オリンピック・パラリンピックの会場となるアーチェリー場が完成し、4月24日に内部が公開されました。

 東京・江東区にある都立夢の島公園内に完成したアーチェリー場は、都内最大級の広さで、東京大会の予選の時にはおよそ1万8000平方メートルの芝生広場に42の的が並ぶということです。東京都がおよそ9億円かけて整備したもので、工事で伐採した木を再利用し、弓をイメージしたデザインの日よけ屋根や、ベンチに活用しています。また、パラリンピックに向けてバリアフリーにも配慮し、段差をなくしたり、床に滑りにくくする舗装を施したりしています。

 完成したアーチェリー場は28日に開かれる記念式典でお披露目され、その日にアーチェリー大会の会場として使用されます。