悠仁さま中学の刃物 ピンク色に塗られる

悠仁さま中学の刃物 ピンク色に塗られる

悠仁さま中学の刃物 ピンク色に塗られるの画像

 秋篠宮家の長男、悠仁さまが通う東京・文京区の中学校で悠仁さまの机に刃物が置かれていた事件で、刃の部分がピンク色に塗られていたことが分かりました。警視庁が意図や当時の状況を捜査しています。

 警視庁によりますと、お茶の水女子大学付属中学校で26日の午後、悠仁さまの席の近くから果物ナイフ2本が見つかりました。 ナイフの刃の部分はピンク色に塗られ、柄の部分には、棒が粘着テープで巻きつけられており、悠仁さまの机と隣の机に渡すように置かれていました。 26日の正午ごろには防犯カメラの画像に、学校に不審な男が侵入する姿が写っていたことが分かっています。 男は中年ぐらいで、ヘルメットをかぶり、青っぽい上下の服装で、学校側に「工事の者です」と名乗って校舎に入ったということです。

 また教室の机には、生徒の名前を書いたテープが貼られていて、犯人はテープを見て悠仁さまの席を把握した可能性があり、警視庁が建造物侵入などの疑いで捜査しています。