悠仁さまの机に刃物 「刺そうと思った」

悠仁さまの机に刃物 「刺そうと思った」

悠仁さまの机に刃物 「刺そうと思った」の画像

 秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われる中学校で机に刃物が置かれた事件で、逮捕された男が動機について「刺そうと思った」と供述していることが新たに分かりました。

 この事件は4月26日、果物ナイフとみられる刃物2本が悠仁さまの通われる中学校の机に置かれていたもので、建造物侵入の疑いで住所・職業とも不詳の長谷川薫容疑者(56)が逮捕されました。

 捜査関係者によりますと、長谷川容疑者は「悠仁さまを刺そうと思った」と供述していることが新たに分かりました。調べに対し、悠仁さまの机の上に刃物を置いたことを認めていて、天皇制や皇位継承の在り方を批判する趣旨の供述もしているということです。