ラグビーW杯開幕まであと100日 都内でも期待

ラグビーW杯開幕まであと100日 都内でも期待

ラグビーW杯開幕まであと100日 都内でも期待の画像

 日本で初めて開催されるラグビーワールドカップの開幕まで、6月12日であと100日となりました。2015年の前回大会、日本代表は格上を相手に歴史的勝利を挙げ、全世界を驚きと感動に包みました。世界を再び震撼させることはできるのでしょうか。日本での熱き戦いを前に、東京都内も盛り上がっています。

 前回大会でラグビー強豪国の南アフリカを下し、「ワールドカップ史上最大の番狂わせ」を起こした日本代表──。世界に衝撃を与えた熱き戦いが100日後、日本で開幕します。

 大会成功に向けてオールジャパンでスクラムを組む中、将来、日の丸を背負って「ワールドカップの舞台に立つ」と夢見る子どもたちがいます。聖地・秩父宮ラグビー場に程近い東京・港区立青山小学校では、みなとラグビースクールの小学5年生から中学3年生までのおよそ50人が汗を流していました。子どもたちを熱く指導しているのは、2003年のワールドカップ日本代表に選出された吉田尚史さんです。刻一刻と迫るワールドカップ開幕に、選手の子どもたちたちは「前回のワールドカップからラグビーが人気が出て、身近に感じられるのがうれしい」「日本で開催されることはそれほどないから、本当に楽しみ」「夢は日本代表。ワールドカップという大きな舞台で活躍できるよう頑張りたい」などと話していました。

 夢の舞台「ワールドカップ」──。世界を相手に「ブレイブブロッサムズ」=“勇敢な桜の戦士たち”が豪快なトライを決めるまで、いよいよあと100日です。