逮捕の長男「けんかで殴った」 東京・江戸川区で父親の遺体放置

逮捕の長男「けんかで殴った」 東京・江戸川区で父親の遺体放置

逮捕の長男「けんかで殴った」 東京・江戸川区で父親の遺体放置の画像

 東京・江戸川区の自宅マンションで64歳の父親の遺体を放置したとして逮捕された長男が「父親とけんかになり、何度も殴った」と、父親の死亡に関する供述をしていることが分かりました。

 死体遺棄の疑いで逮捕された江戸川区南篠崎町の本多善之容疑者(35)は、6月21日から24日ごろまでの間に、同居していた父親の裕孝さん(64)の遺体を自宅に放置した疑いが持たれています。死亡した裕孝さんには殴られたような痕が複数あり、死因は失血死や首の圧迫による窒息死などの可能性があります。

 これについて、本多容疑者は「父親とけんかになり、何度も殴った」という趣旨の供述を始めているということです。警視庁は当時の詳しい状況や動機などを詳しく調べる方針です。