山でクマに襲われ大けが 東京・奥多摩町

 東京・奥多摩町で、山に入った男性がクマに襲われ、手に大けがをしていたことが分かりました。 青梅警察署によりますと、8月18日午前9時半ごろ、奥多摩町にある川苔山の聖滝付近で、60代の男性がクマに襲われ、左手の中指と薬指がちぎれかかるほどの大けがをしました。男性は「クマは体長1メートル40センチほどで、もみ合いになった後に立ち去っていった」と話しているということです。 青梅警察署は登山道の入り口に看板やポスターを設置するなどして、警戒を呼び掛けています。