結愛ちゃん虐待死 母親に懲役8年の実刑判決

 東京・目黒区で2018年3月に、当時5歳だった船戸結愛ちゃんが両親から虐待を受け続けて死亡したとされる事件の裁判員裁判で、東京地裁は母親に懲役8年の実刑判決を言い渡しました。 船戸優里被告(27)は、夫の雄大被告(34)の暴行で極度に衰弱した結愛ちゃん(当時5)を病院に連れて行かずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われていました。9月17日の判決で東京地裁の守下実裁判長は「被告人の行為は厳しく非難されるべき」と断じました。また「被害児童が感じたであろう苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」と指摘しました。 これまでの裁判で弁護側は、船戸被告も夫からのDV被害者であると訴え「夫から心理的な支配があった」として、情状酌量を求めていました。 これに対し、東京地裁は「本件は児童虐待による保護責任者遺棄致死の事案の中でも重い部類に属し、被告人もその中で相応の役割を果たした」と指摘しました。しかし、その一方で「夫の心理的な影響があって、その意向に従ってしまった面は否定できない」として、弁護側の主張を一部認めました。また「看病をするなど、被害児童の苦痛を和らげようとする努力は行っていて、深く反省している」などとして、検察側の懲役11年の求刑に対し、懲役8年の実刑判決を言い渡しました。