“元気はつらつ”100歳を迎える女性 小池都知事がお祝い

 9月16日は敬老の日です。間もなく100歳を迎える東京・杉並区の女性が、東京都の小池知事から長寿のお祝いを受けました。 杉並区に住む水口喜美子さんは1920年=大正9年生まれで、2020年2月に100歳になります。17日は「百歳訪問」で訪れた小池知事から、お祝い状と記念品として村山大島紬(つむぎ)のはんてんが贈られました。 子ども3人、孫7人、ひ孫は9人いるという水口さんは、今も料理や洗濯などの家事はほとんど1人でこなしています。1964年の東京オリンピックは家族と一緒に駒沢オリンピック公園で観戦したという水口さんは、来年の大会は自宅のテレビで見ることを楽しみにしているということです。