マザー牧場 営業再開

 台風15号の影響で臨時休園が続いていた千葉県のマザー牧場が9月28日、営業を再開し、多くの家族連れが訪れました。 およそ3週間ぶりの営業再開となった千葉県富津市のマザー牧場では、開場の時間に合わせマザー牧場のキャラクター「マーモママ」や千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」などが訪れた人を出迎えました。 マザー牧場は、台風15号の影響で施設の窓が割れたり屋根や壁が吹き飛ばされたりする被害があり、9月9日から営業できない状態が続いていましたが、営業再開を迎えました。 9月28日も一部、倒れた木が残されたままの場所や施設の修繕作業が進められていますが、園内にいる、約1200頭の動物たちは全て無事だったということです。 久しぶりの営業を迎えた園内には多くの家族連れが訪れ、愛らしい動物たちとの触れ合いを思い思いに楽しんでいました。