五輪マラソン、札幌開催か 小池都知事「東京で」

 東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催する見通しになったことについて、東京都の小池知事は10月18日の会見で「『東京で』という気持ちに変わりはない」と述べ、東京都内での開催を希望しました。 IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は17日、マラソンと競歩について「IOC理事会と大会組織委員会は、競技会場を札幌市に移すことを決めた」と述べ、札幌開催が確実な情勢となりました。 小池知事は18日の会見で「開催都市の東京都に協議もなく、突如札幌という提案がされたことは、大変疑問を感じざるを得ない。これまで準備を重ねてきたので『東京で』という気持ちに変わりはない」と述べ、これまでの暑さ対策を踏まえて東京での開催を希望したほか、東京都と協議せずに計画が進められていたことに不快感を示しました。また、「怒りの気持ちはいくらでも出せるが、東京大会を成功させたいという思いを優先させる。こういう形で別のエネルギーを取られることは非常に残念」といらだちを隠せませんでした。 札幌開催については30日から開かれるIOCの調整委員会で協議される予定です。ただ、小池知事は会見の中で、調整委員会で東京開催を主張するかどうかは明言しませんでした。