傷は数十ヶ所・・・東京・品川で同僚殺害か 男を逮捕

 東京・品川区のビル内で、同僚の男性をナイフで刺して殺害した疑いで31歳の男が逮捕されました。 警視庁によりますと、殺人の疑いで逮捕されたのは、設備メンテナンス会社社員の佐々木健容疑者(31)です。佐々木容疑者は26日の夜、品川区広町のビルの一室で、同僚の30代の男性の頭や首などを折りたたみ式のナイフで、複数回刺して殺害した疑いが持たれています。 2人はビルの敷地内の事務所に勤務していて、27日午前0時ごろに佐々木容疑者が警備員に119番を要請し、駆けつけた警察官に「ぼくが刺しました」と話したということです。調べに対し佐々木容疑者は、「仕事上のトラブルで恨んでいた」と供述しました。被害者の傷が数十カ所に及んでいることから、警視庁は強い殺意があったとみて調べています。