ハロウィーン終え 渋谷区長「ここ数年で一番安全」

 ハロウィーン当日となった10月31日夜、渋谷には仮装姿の若者が多く集まりましたが、車が横転させられるなど去年のような大きなトラブルはありませんでした。東京・渋谷区の長谷部区長は「ここ数年で一番、安心・安全だった」と評価しました。 今年は、軽トラックが横転させられるなど去年のような大きなトラブルはなく、ごみも前年に比べて2〜3割減ったということです。ただ、すりや痴漢などの疑いで9人が逮捕されるなど、課題は残されています。 一夜明け、長谷部区長は今年のハロウィーンについて「ほっとしたのが正直なところ。ここ数年のハロウィーンの中で、一番安心・安全だった。酔っぱらいも減ったし、ごみやけんかといった騒動も大きく減った」と総括しました。 しかし、爆音を立てながら走行する車や、ルールをそもそも理解していない外国人観光客への対応に課題があるため、渋谷区は今後、警察などと連携しながら対策を検討することにしています。