原宿駅 五輪後に解体し駅ビルに

 東京都内で最も古い木造の駅舎といわれる原宿駅が、2020年の東京五輪・パラリンピックの後に解体され、新たな駅ビルに建て替えられることになりました。 1924年に建てられた原宿駅は都内で最も古い木造の駅舎といわれ、大正期の西洋風建築として多くの人に親しまれてきました。しかし、現在の駅舎は耐火性能が基準を満たしていないため、JR東日本は地元の渋谷区などと取り壊すか保存するか、話し合いを進めてきました。 その結果、新たな駅ビルに建て替えることを決め、今の建物は東京五輪・パラリンピックが終わった後に解体されることになりました。JR東日本はできる限り今のデザインを再現する形で新しい駅ビルを建てる方針です。