お茶の水大付属中で体罰、生徒が骨折 教諭は謹慎中

 東京・文京区にあるお茶の水女子大学付属中学校で今年9月、30代の男性教諭による体罰があり、2年生の男子生徒が骨折していたことが分かりました。 教諭に蹴られた男子生徒はあばら骨を折る大けがをしましたが、すでに回復しています。学校は9月下旬に警視庁大塚警察署に相談し、その後、臨時の保護者会を開いていきさつを説明した上で謝罪しました。教諭は自宅謹慎しているということです。警視庁は傷害の疑いもあるとみて、教諭から詳しく話を聴いています。調べに対し教諭は、生徒にけがをさせたことを大筋で認めているということです。 お茶の水女子大学付属中学校には、秋篠宮家の長男・悠仁さまが通っています。4月には、工事業者を装った男が悠仁さまの机の上に刃物を置いたとして、建造物侵入の疑いで逮捕される事件がありました。