依頼され女性殺害した罪 大学生「3、4人殺そうと」

嘱託殺人 3-4人殺し自殺計画

 今年9月、東京・池袋のホテルで女性に頼まれて殺害した罪に問われた大学生の初公判で、大学生は起訴内容を認めました。 起訴状によりますと、大学4年・北島瑞樹被告(22)は9月、池袋のホテルで女性(当時36)に頼まれ、首を手で絞めて殺害した罪に問われています。検察側は動機について「7月に受けた教員採用試験がうまくいかなかったため」と指摘しました。そして、北島被告は「3、4人を殺して自分も死のうと考えていた」と明らかにしました。北島被告は犯行の1カ月ほど前にツイッター上で女性と知り合い連絡を取っていましたが、他にも自殺願望のある2人とツイッターでやりとりをしていたということです。