母の不在中に3歳児が死亡 同居の男が虐待か

 東京・江東区の住宅で男の子に暴行して死亡させたとして逮捕された男が、溺死を偽装していた疑いがあることが分かりました。 傷害致死の疑いで逮捕されたのは、昭島市に住む会社員・渡辺雄二容疑者(34)です。渡辺容疑者は、当時一緒に住んでいた交際相手だった平石桃子さんの長男・隆太郎ちゃん(3)に暴行を加え、死亡させた疑いが持たれています。 9月28日午後、お風呂の中で発見された隆太郎ちゃんは心肺停止の状態で搬送され、その後、心拍が戻ったものの、翌日になって死亡が確認されました。しかし司法解剖の結果、死因は腹部への打撃による内臓損傷の失血死で、かなり強い衝撃が加えられたことが分かりました。遺体の肺には水がたまっていなかったことから、警視庁は渡辺容疑者が隆太郎ちゃんの溺死を装った可能性もあるとみています。 渡辺容疑者は今年春ごろから江東区豊洲のマンションで、渡辺容疑者の長男、交際相手だった平石さん、平石さんの息子の隆太郎ちゃんと一緒に暮らし始めました。事件当時、渡辺容疑者は育児休暇を取得していて、平石さんが海外出張中だったため、部屋には3人しかいませんでした。 捜査関係者への取材で、事件直前には渡辺容疑者が「隆太郎ちゃんがけがをした」と出張中の平石さんに写真を送っていたことが分かりました。 調べに対し、渡辺容疑者は「何もしていません」と容疑を否認しています。