正月料理を彩る聖護院大根を収穫 東京・足立区

 東京・足立区の入谷地区では、正月料理を彩る聖護院大根と赤大根の収穫が始まっています。 丸くて大きい大根は「聖護院大根」と呼ばれる京野菜の一つで、足立区では入谷地区でしか栽培されていません。12月を迎え、雲一つない青空の下、収穫作業が行われました。この農家では赤い色が特徴の「赤大根」も栽培していて、おせち料理に添える食材として使われています。 今年は聖護院大根が100本ほど、赤大根は250本ほど収穫され、地元の直売所に出荷されるということです。