青梅男性殺害 防犯カメラに不審な車

 東京・青梅市の住宅で67歳の男性が頭から血を流した状態で見つかり、その後、死亡した事件で、犯行があった時間帯、現場近くの防犯カメラに白っぽい乗用車が走り去る姿が映っていたことが分かりました。 14日、青梅市成木の住宅で、住民の小川和男さんが頭から血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。頭を鈍器のようなもので強く殴られた可能性があり、失血死とみられています。 小川さんは、14日午前2時前、自ら通報した直後に何者かに襲われたとみられています。 その時間帯に、現場の近くの防犯カメラには、白っぽいセダン型の乗用車が走り去る姿が映っていたことが分かりました。また、同じ時間帯には、携帯電話で誰かと会話をする人物の姿も映っていたということです。