画期的! ちびっこ発明家が自慢の品を披露

 世界的な発明コンテストで優秀な成績を収めた東京・大田区の中学生が東京都庁を訪れ、小池知事に自慢の発明品を披露しました。 大田区立六郷中学校の1年生・鈴木創妃光(そふぃあ)さんは、小学生の時にランドセル用のレインポンチョを発明し、10月に行われた「世界青少年発明工夫展」の14歳未満の部で、都内で初めてとなる金賞を獲得しました。このポンチョはランドセルのカバーにビニール製の布が収納されていて、引き出してかぶることで急な雨にも対応することができます。鈴木さんは「これからも発明を続け、将来は起業家になりたい」と抱負を語りました。