東京五輪パラ・最終予算1.3兆円 東京都負担は30億円減に

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会と東京都は12月20日、最後の予算計画を公表しました。開催経費の総額は従来の1兆3500億円を維持した一方で、東京都の負担は札幌へ会場変更された「競歩」の費用が減ったため、30億円減となりました。 東京大会の経費は1年ごとに見直されていて、大会前最後となる今回の見直しで、総額は3年連続で1兆3500億円となりました。開催地が札幌に移った競歩で東京都が担う予定だった設備費が組織委員会の負担に振り替えられたため、東京都の負担は30億円減額となる5970億円になりました。東京都の小池知事は支出項目を見直して捻出した100億円を災害対策などに充てる考えを示しました。 また、大会経費とは別枠で初めて「予備費」が設けられ、台風などの不測の事態に備えて270億円が計上されました。