「ふるさと納税」増える被災地・復興支援

 「ふるさと納税」は何かと還元率やお得感が取り上げられがちですが、最近は自然災害などの被害に遭った自治体への寄付が多くなっているということです。 ふるさと納税は自治体に寄付をすることで税の控除を受けられるほか、特産物などの返礼品を受け取ることができる制度です。東京・千代田区に各自治体の返礼品の展示や税の控除に関する相談窓口を設ける総合サイト運営企業もあります。 ふるさと納税を巡っては豪華な返礼品などが注目されていますが、最近は自然災害などを受けた自治体への寄付も増えているということです。今年、大規模な火災に遭った沖縄県の「首里城の再建支援プロジェクト」には、お礼の品がないにもかかわらず、那覇市に7億円以上の寄付が集まっています。 今年のふるさと納税の受け付けは12月31日までです。