早稲田大学 ペットボトルからペットボトルを再生へ

 早稲田大学は東京都と連携して、プラスチックごみ問題への取り組みとして「使い捨て型のライフスタイルの見直し」を進めています。その一環として12月21日、東京都の小池知事が大学を訪れ、環境問題に取り組む学生らから説明を受けました。 早稲田大学は東京都が都内の大学と連携する「使い捨てプラスチック削減キャンペーン」に参加し、ペットボトルを新しいペットボトルに再生する取り組みなどを進めています。また、早稲田大学には環境問題に取り組む学生のサークルがあり、メンバーが小池知事に対し、活動について説明しました。