「富嶽三十六景」最新技術で蘇るデジタル複製画の展示会

 江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」など北斎が描いた46点が最新のデジタル技術で東京池袋の西武百貨店に蘇りました。 荒々しい波が立ち上がった瞬間を描いた「神奈川沖浪裏」や、赤富士の愛称で知られる「凱風快晴」など、北斎が日本各地から富士山を描いた「富嶽三十六景」。 この展示会では、最新のデジタル・技術を使用し、180年前の色彩を再現、なおかつ最大150%に拡大された複製画が展示されています。 この展覧会は、2020年1月6日まで開かれています。