大間マグロ1億9320万円で落札

 江東区の豊洲市場で令和になって初めての「初競り」が行われ、青森県大間産の本マグロが1億9320万円の最高値で落札されました。 豊洲市場の競り場には全国各地から運ばれてきた生マグロや冷凍マグロなどが並び、業者たちの威勢のいい掛け声とともに次々と競り落とされました。最も高い値がついたのは青森県大間産の重さ276キロの本マグロで、1億9320万円。過去最高額となった2019年に続き、都に記録が残っている中で、2番目の高値となりました。 「一番マグロ」を落札したすしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村の社長は…。「令和の最初のせりだから余計(気持ちが)良くなっちゃう おいしいマグロをことしもいっぱいお客さんに食べていただきたい」 そして、午後2時ごろすしざんまい本店では、競り落とされたマグロのにぎりが振る舞われ、訪れた人は脂の乗った新鮮なマグロに舌鼓を打っていました。