江戸川区で小松菜入り「七草粥」を楽しむ

 1年の無病息災を願って食べる「七草粥」。江戸川区の庭園風都市公園の一之江抹香亭では5日、この「七草粥」を楽しむ会が開かれました。 この新春のイベントは、お筝や鼓などの伝統芸能に親しみながら「七草粥」を味わってもらおうと一之江抹香亭のボランティアの人たちが10年前から毎年開いているもので2020年も近隣の家族連れなどおよそ140人が参加しました。 用意されたのはセリ、ナズナなど定番の春の七草に江戸川区特産の小松菜を加えた江戸川オリジナルです。園内では江戸川区で活躍する音楽ボランティアによるお筝の演奏も行われ訪れた人たちは日本の伝統芸能を楽しみながら熱い粥をすすり、無病息災を願っていました。