工事現場でひさし落下、2人死傷 東京・恵比寿

 東京・渋谷区にあるマンションの工事現場で、ひさしの一部が落下して男性作業員2人が下敷きとなり、1人が死亡しました。 東京消防庁によりますと1月27日午前9時40分ごろ、渋谷区恵比寿3丁目にあるマンションの工事現場でひさしの一部が落下し、50代の男性作業員2人が下敷きとなりました。2人は駆け付けた消防隊員に助け出されて病院に運ばれましたが、このうち1人が死亡しました。もう1人もけがをしましたが、意識はあるということです。 落下したひさしは縦3メートル、横2.4メートルほどで、鉄で造られたものとみられています。重さは400キロほどあるとみられ、警視庁が事故の詳しい状況を調べています。