東京都内は原則「屋内禁煙」 新ルールを周知

 飲食店などの屋内が原則禁煙となる東京都の条例が4月にスタートするのに先立ち、東京都の小池知事が東京・港区の街頭に立ち、新たなルールを呼び掛けました。 4月に改正健康増進法と東京都の受動喫煙防止条例が全面施行されることに伴い、多くの人が利用する施設や飲食店などでは原則として屋内でたばこを吸うことができなくなります。施行まで50日となった2月11日、新たなルールを広く知ってもらおうと小池知事や港区長が街頭に立ち、人々に呼び掛けました。また、小池知事は東京オリンピック・パラリンピック開催を目前に控え、開催都市として「たばこのないオリンピックの実現を目指す」としています。