元・警視庁SPの男ともみ合いで重体に… 被害男性の意識戻る

元SP追い転落 男性意識戻る

 東京・千代田区の地下鉄神保町駅で、警視庁の元SPの男ともみ合いになった際、階段から転落して意識不明の重体となっていた20代の男性の意識が戻ったことが分かりました。 警視庁によりますと、元警察官の品田真男容疑者(52)は2月17日、痴漢行為を疑われて逃走し、追ってきた20代の男性を神保町駅構内の階段の下の方へ転落させ、頭の骨を折る大けがをさせた疑いが持たれています。品田容疑者は「もみ合いになっただけで、けがをさせたわけではない」と容疑を否認しています。 10代の女性が痴漢の被害に遭ったと名乗り出ていて、警視庁は当時の状況を調べています。