三鷹の森ジブリ美術館 新型コロナ対策で臨時休館へ

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京・三鷹市にある三鷹の森ジブリ美術館が2月25日から3月17日まで臨時休館することになりました。 三鷹市にある三鷹の森ジブリ美術館は施設の設置者である三鷹市と協議し、2月25日から3月17日まで臨時休館することを決めました。美術館によりますと21日に東京都が発表した「今後3週間、都が主催する大規模なイベントなどを延期、または中止する」という方針を受けて、臨時休館を決めたということです。 ジブリ美術館は日時指定の予約制のため、既にチケットを購入した人には払い戻しが行われます。休館について美術館は「来館を楽しみにしていた皆さまには申し訳ございません」とコメントを発表しています。